fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

“ヨンパチ” 再点検 その56

もうすぐ27歳になるイギリスの飼い猫がギネス記録で世界最高齢と認定されました。
眼はあまり良く見えず、耳も聞こえないものの、健康状態は良好だといいます。
猫は高齢になると腎臓の機能低下で尿毒症になり死亡します。
個人的な意見ですが、飼い猫は20歳ぐらいまで生きるようです。
友人の猫は25歳まで生きたそうですが、家の猫は18歳~19歳ぐらいで他界しました。
この猫の腎臓の薬がすぐにでも実用化されると言う話で、猫の寿命も30歳ぐらいまで生きるとかでした。
しかし、一向に薬が発売されたと言うことは聞きませんので、一体どうなっているのだろうと思います。
腎臓の機能低下を起さなければ30歳ぐらいまで生きると思うので期待しています。
さて、本日は “ヨンパチ” 再点検 その56 です。






ハセガワT4ブルーインパルス001


ハセガワ1/48 川崎 T-4 “ブルーインパルス” です。
このキットは、1999年10月に発売されました。


ハセガワT4ブルーインパルス002


パーツはこんな感じです。
増槽タンクのパーツがあります。


ハセガワT4ブルーインパルス003

デカールです。
6番機までのマーキングと予備機3機分のマーキングがあります。


川崎T-4は、航空自衛隊の双発ジェット練習機です。
老朽化してくるT-33やT-1に変わる新型練習機として開発されました。
機体の基本構造は双発エンジン搭載、中翼配置、タンデムコクピット、配置で決定されました。
1958年10月19日に浜松北基地にて行われた航空祭で3機のF-86Fが曲技飛行を行ったのが現在のブルーインパルスの始まりです。
航空自衛隊は1960年4月16日に浜松基地第1航空団に空中機動研究班を発足、天竜の名でF-86Fセイバーを使用した曲技飛行チームができました。
F-86Fを使用したこのチームはのちに、コールサインのインパルスブルーを使用したブルーインパルスとチーム名称を変更し、オリンピックの五輪、万博のEXPO70を空中に描き世界中に名を知らしめました。
この後数多くの曲技飛行を日本全国で行ってきましたが、1982年のシーズンから老朽化したF-86Fに変わり国産ジェット練習機T-2にバトンタッチしました。T-2によるスピーディな曲技飛行は多くのファンを魅了しました。
F-86F、T-2を使用してきたブルーインパルスチームは、1996年のシーズンより最新型の順国産ジェット練習機T-4に変更して現在に至っています。F-15並の空中機動が可能なT-4は、より高度で小気味よい演技を披露しています。
キットはハセガワらしい繊細なモールドのキットです。
モールド色が白なので表面の状態が見難いです。
モールド色は薄いグレーが見易くて好きです。
組み立て前にグレー系サフを吹いて、塗装前に白サフを吹く事になるんでしょうね。
少々面倒な気がしますが仕方がないですね。
このキット、パイロットが代わるので何度か発売されている様です。
お仲間の方が一人で6機+予備機まで作った方がいます。
凄いと言うより変態大変ですね。
関連記事
スポンサーサイト



【 2022/11/26 (Sat) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。