fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
01123456789101112131415161718192021222324252627282903

ハーレーダビットソン FLH クラシック

ハーレークラシック

本日のキットは、タミヤ1/6ハーレーダビットソン FLHクラシックです。
長距離ツーリングのための二輪のクルーザーで、根強い人気を持つモデルです。

ハーレークラシック2

箱を開けるとお馴染みのポジション。
豪華さとパーツが動かぬ工夫があります。

ハーレークラシック3

サイドバックやキングツアーバックです。
ツーリングシートの形状も良いです。

ハーレークラシック4

ギヤーケースやシートパーツ、メーターパーツ類です。
ハンドルにコンビネーションメーターが付きます。

ハーレークラシック6

フェンダーや燃料タンク、マフラー等のパーツです。
燃料タンクは、速度メーターを挟んで左右2個に分かれています。

ハーレークラシック7

ギヤーケースカバー、スプロケット、足置き等のパーツです。
ハーレーはメッキパーツが多いです。

ハーレークラシック8

ホイールやガードパイプ類です。
ホイールは黒とアルミのツートンカラー、塗装が面倒な部分です。

ハーレークラシック9

フレーム、ライト類です。
ヘッドライトの左右にドライビングライトが付きます。

ハーレークラシック10

最大の難関がホワイトリボンが2本付くタイヤです。
乾くと塗装が割れるので、最新版はデカールが準備されているんでしょうかね。

ハーレークラシック11

ハンドル、リアーダンパーブーツ、バッテリーカバー等のパーツです。
金属パーツで強度や質感upです。

ハーレークラシック12

ブレーキディスク、セフティガード、配線部品等です。
金属パーツが豊富に使用されています。

ハーレークラシック14

デカールです。
カウルやバック、フェンダー等大きなデカールを貼ります。

ハーレークラシック13

組説は20ページあります。
写真を使用しての説明が沢山あります。


FLH80クラシックは、1979年にデビューしました。
ハーレーの創立75周年を記念して、1978年1340ccのVツイン搭載の限定生産車が作られました。
これはエレクトラ・グライドをベースに作られており、1979年80シリーズとして量産車に加えられました。
FLH80は、1200ccOHV、・Vツインエンジンが1340ccOHV・Vツインエンジンとなり最大排気量を誇ります。
これによりエレクトラ・グライドからキングオブザバイクの地位を引継ぐ事になります。

Vツインのサウンドを響かせて走るハーレーの姿、一度は見た事があると思います。
最大重量が340㎏以上の大型バイク、魅力がありますね。
性能的に高性能マシンではありませんが、ツアラーとして十分な性能を持っています。
なによりもその安定感と存在感がハーレーの大きな魅力と言えるでしょう。
王者の風格を持つハーレーの人気は衰える事はないと思われます。

このキットは、ハーレーの持つ魅力を存分に再現したモデルです。
1/6のビッグスケールは、ハーレーにピッタリの迫力です。
ただ問題はホワイトラインのタイヤです。
これ塗装だと後から割れるんですよ、何かいい方法はありませんかね。
それと中空のゴムタイヤは、経年変化で潰れるので詰め物をしないといけません。
ハーレーのキットはブラック仕様もあります。
どちらもカッコイイので迷ってしまいますね。
関連記事
スポンサーサイト



【 2017/04/28 (Fri) 】 その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。