fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

トマホーク巡行ミサイル RGM-109

4536318720294_03-s



本日のキットは、ファインモールド1/72 トマホーク巡航ミサイル RGM-109です。
アメリカ合衆国が開発した巡行ミサイルです。

トマホーク


キットは、翼を折り畳んだ発射状態と、翼を広げた飛行状態が再現されます。
翼や安定翼等薄く仕上げられていて、とても出来が良いキットです。
入手したキットは、訳ありで箱も組説もなく写真の状態が全てでした。


4536318720294


完成写真をHPから拝借、なかなか良い仕上がりです。
発射状態や飛行状態など、普段見れないトマホークの姿を見る事が出来ます。


FP29senga-4C

図面もHPから拝借、完成品と見比べてもキットは良く出来ていますね。
図面を参考に塗装の塗り分けも良く分かります。


トマホークは、普通のミサイルの様に目標に向かって一直線に飛ぶのではありません。
潜水艦や巡洋艦、あるいは地上から発射され、進路や高度などを変えながら目標へと迫っていきます。
誘導システムの中心であるTERCOMは、電波高度計から得た高度情報を、事前に入力されたレーダー地図と照合しつつ、計画された飛行経路に沿ってミサイルを飛翔させてゆきます。
この経路には中継点が幾つか含まれており、この地点に差し掛かると、事前の計画に応じて高度と方位を変え、地形を利用して迎撃や探知を回避しつつ、目標へと迫ってゆきます。
ただ、速度はせいぜい亜音速であり、回避機動をとるわけでもないので、発見されてしまえば、迎撃は比較的容易です。
また、探知されない訳ではないが、発見されづらいため、夜間攻撃が多い様です。
弾頭も通常弾と核弾頭を選択でき、遠距離から侵攻出来るため、非常に有効な攻撃が可能です。
この様に無人機や巡航ミサイルは、前線から離れた安全な場所から遠隔操作され攻撃します。
それは実戦の感覚から離れた、あたかもTVゲームの様な感覚で行われる事でしょう。
命の重みを感じる事なく殺人を犯す者、これは人間ではなくもはやロボットの様に思われます。
戦争の悲惨さはよく叫ばれるところで、私達も頭では十分理解しているはずです。
しかし、近代戦や未来戦の悲惨さは、想像をはるかに超えたものになりそうです。
このキットは、その警鐘を鳴らすため、私達の卓上へ置かれる事を望んでいる様な気がします。
関連記事
スポンサーサイト



【 2017/11/14 (Tue) 】 AFV | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。