fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

赤っ腹のドーラ FW190D-9 その2



本日のキットは、ハセガワ1/32 Fw190D-9 パペガイシュタッフェルです。
金属パーツを多用したコレクターズ ハイグレード シリーズとなっています。


ドーラ7

胴体下面を赤に白のストライプの派手な塗装をされたドーラです。
味方高射砲の誤射を避けるための物でした。



ドーラ8

このキットは、旧FW190Aの主翼に新規の胴体パーツを組み合わせたキットです。
その為、必要最小限度のパーツしかありません。

ドーラ9

主翼は旧キットのため凸モールド、胴体は新規のため凸モールドです。
脚収容庫も浅く、旧キットのままです。

ドーラ10

ラジエータやカウルフラップなどがエッチングパーツになっています。
プロペラや脚柱など金属パーツになっています。

ドーラ11

デカールは2種類付属しています。
第44戦闘団のマーキングは問題ありそうです。

ドーラ12

組説は1枚物で、機体解説はありません。
パペガイシュタッフェルについての説明は一切ありません。

ドーラ13

裏面は塗装&マーキング図となっています。
第44戦闘団と第4戦闘航空団が選択出来ます。


パペガイシュタッフェル(オウム中隊)は、ジェット戦闘機Me262の離着陸時の上空援護を行う部隊です。
ガーランド中将率いるJV44(第44戦闘団)内に編成されました。
機体下面の赤に白のストライブの派手な塗装は、味方高射砲の誤射を避けるためのものでした。

このキットは、旧キットの主翼と新規の同体を組み合わせてハイグレード シリーズとして発売された物のデカール替えです。
新規のキットではありませんのでお間違いない様に。
ハイグレード シリーズは、ME262から複座型に変更されたキットも発売されTいました。
当時、1/32のME262複座型やD-9は発売されていませんでしたので、そこそこ売れたと思います。
これはその2番煎じで、派手な塗装で気を引こうと言う訳です。(笑)

Focke-Wulf-Fw-190D9-JV44-Red-1-Heiz-Sachsenberg-Germany-1945-01_zps663f13c7

さて、このキットのデカールでは、機番1と中央のマークの丸の部分が黒になっています。
この写真を見て、あなたはどう思われますか?

明日に続きます。
関連記事
スポンサーサイト



【 2017/11/23 (Thu) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。