fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

P-47D サンダーボルト


本日のキットは、ハセガワ1/32 P-47D サンダーボルトです。
アメリカ陸軍の2000hp+排気タービン装備、重量級戦闘機です。


サンダーボルト

キットは、水滴風防装備のサンダーボルト。
箱絵はガブレスキー中佐の乗機が描かれています。

サンダーボルト2

太い胴体が特徴のサンダーボルト、モールドも綺麗で外形も問題ありません。
エンジンは、とても良く再現されています。

サンダーボルト3

主翼形状も良好です。
脚庫は別パーツとなっていて、脚収納庫内のモールドも綺麗に再現されています。

サンダーボルト4

胴体下面、主翼左右に増槽が用意されています。
主翼左右の増槽は、爆弾と選択可能です。

サンダーボルト5

カウリングは3分割されています。
カウルフラップは開閉選択可能です。

サンダーボルト6

大判のデカールは、3種類用意されています。
インベージョンストライブは、白部分がデカールで用意されています。

サンダーボルト7

組説は分り易く、組立も容易で問題ありません。
機体解説が日本語と英語で記されています。

サンダーボルト8

塗装図は3種類描かれています。
ガブレスキー中佐機2種と、イーグルストン少佐機です。


P-47の設計は出力2000hpの空冷2重星型8気筒エンジンと排気タービンを装備するとかろから始まりました。
1941年5月に原型機XP-47Bが初飛行し、全備重量5480㎏という飛行機の大きさに周囲は唖然とし、最高速も663㎞/hという飛行結果にも驚きまし。しかし、初期トラブルも多く発生し、強度不足や風防が開かなくなったり、燃料系統にも故障が生じましたが、米陸軍は、この新型戦闘機を発注し、171機が生産されました。
1942年末になると200ガロンの落下式タンクが取り付けられるP-47Cの生産が始まり、前線に投入されと行動半径は大幅に向上し、敵弛内に深く進入することが可能になりました。
続いて、さらに改良されたP-47Dは、高度9200mで697㎞/hを記録し、敵戦闘機との性能差をますます広げていきました。
D型の中で、後方視界を改善するためにレザーバックの流線型胴体を廃止して、水滴型の風防にした機体は、P-47D-25以降のタイプで、最高速度は若干低下しましたが、極めてバランスの取れた戦闘機となり、排気タービン装備と相まって高空から、低空までの、あらゆる高度で高性能を発揮し、特に対地攻撃では猛威をふるいました。

イギリス軍は、タイフーンの視界向上に水滴型風防を採用しました。
これを見たアメリカ軍は、「これ良いんじゃね?」と言うことで早速水滴型風防を採用。
P-51ムスタングやP-47サンダーボルトに取付、視界の向上に成功します。
もちろん前部防弾ガラスやパイロット後部の防弾板も装備しています。
頑丈な機体で生存率も高かった為、パイロット達からは好評でした。
そんな機体で活躍したのが、フランシス・スタンリー・ガブレスキー中佐です。
ヨーロッパ戦線で28機撃墜、朝鮮戦争ではF86で6.5機撃墜のダブルエースです。
関連記事
スポンサーサイト



【 2017/11/30 (Thu) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。