fc2ブログ

じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

ドイツ将校セット



森永製菓の「チョコフレーク」が、来年春頃生産終了となる様ですね。
また一つ、昔からのお菓子が消えていくのは残念な気がします。
「チョコフレーク」は、1967年9月に発売され、大ヒットした商品でした。
モデルのツイッギーがCMに起用され、ミニスカートと共に大流行しました。
”風の様にかるい”というキャッチフレーズは、今でも覚えています。
しかし、「チョコフレーク」は、チョコが手に付くため、スマホを使いながらの食べ歩きに不向き。
それが売り上げ減で、生産終了の要因になったとは世の中も変わったものです。
昔は、食べ歩きはみっともない事で、行儀が悪いと親から注意されましたけどね。
スマホ使いながら歩くんじゃねぇ!
さて本日は、タミヤ1/35 ドイツ将校セット です。




ドイツ将校セット001

このキットは、1971年7月に発売されましたが、現在では絶版の様です。
また、1971年9月にⅢ号戦車L型に同梱されて発売されましたが、現行ではⅢ号戦車単体となっています。

ドイツ将校セット002

箱裏面は、将校服に付ける勲章などの説明図があります。
塗装の参考になり、資料性も高いものです。

ドイツ将校セット008

箱の横面には肩章があります。
元帥から中佐までの肩章が示されています。

ドイツ将校セット009

反対側には少佐から兵卒までの肩章が示されています。
カラー図のため、肩章の塗装の参考になります。

ドイツ将校セット003

こちらには、アームバンドのカラー図があります。
当時は資料本も少なかったので貴重な資料でした。

ドイツ将校セット004

こちら側は襟章が示されています。
箱全体を資料として有効に使っています。

ドイツ将校セット005

兵士のフィギュアが多い中、将校のフィギュアと言うのは珍しかったです。
四角い板は足を接着する台で、今はありませんが、当時のフィギュアにはお約束でした。

ドイツ将校セット006

将校3体と下士官1体の組説。
地図はこれを切り抜いて使用します。

ドイツ将校セット007

タミヤの住所が小鹿628になっています。
昔の社屋の住所ですね。

タミヤは、その製品の良さもさることながら、パッケージにも工夫が見られます。
製品購入のインパクトを与える箱絵の良さと資料性の高さです。
この箱絵で勲章や肩章などを初めて知ることになった方は多いはずです。
見るだけで楽しめるものであり、ミリタリーの世界へ興味を引かれる要因になると思われます。
これはタミヤの製品の普及に大きく貢献したと思います。
その当時、箱絵の裏や側面は、自社製品のPRが殆どでした。
しかし、タミヤは1/35の自社製品を購入するマニアを育てて行こうとしました。
その結果、タミヤは世界的模型メーカーとしての地位を確立したのです。
関連記事
スポンサーサイト



【 2018/09/29 (Sat) 】 AFV | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。