じゃごろの模型日記

手抜きモデラーのプラモ日記です
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

懐かしいキット 1/25 タイガーⅠ

タイガー1

本日のキットは、タミヤ1/25タイガーⅠです。
内部構造まで再現されたキットで、これは再販版です。

タイガー12

このキットはディスプレイタイプで、当時はモーターライズ版もありました。
再販されたのはディスプレイタイプで、箱絵は当時のままです。

タイガー13

車体パーツとデカールです。
ビットマンのキルマークが魅力的でした。

タイガー14

履帯は軟式樹脂の連結式です。
片側72個を組みます。

タイガー15

砲身、ハッチ、エアクリーナー等のパーツです。
ハッチは可動になっていますが、エンジンルームは開閉しません。

タイガー16

エンジン、操縦席のパーツや、トーションバーのパーツです。
サスは軟式樹脂のトーションバーで可動します。

タイガー17

車体前後パーツ、砲塔、砲塔内部パーツ類です。
砲塔は取り外し可能です。

タイガー18

スプロケット、転輪パーツです。
転輪はポリキャップ留めで、可動します。

タイガー19

組説、塗装図です。
組説は実写写真付きです。


キットは1969年発売で、今から50年程前の製品です。
内部構造まで再現されたモデルで、当時話題になったキットです。
今ではインテリアが再現されたキットは珍しくないかもしれません。
しかし、このキットで初めて戦車の内部がどうなっているのかを知った方は多いはずです。
私もその一人で、非常に感動したものです。
私が作ったのはリモコンタイプで、当時3000円でした。
お年玉を貯めて買った時、嬉しくてたまらなかった記憶があります。
エンジンは上部だけの1枚物で、ギヤーボックスに被せるだけでした。
ディスプレイタイプは当時1800円、再販物は4800円です。
今見るとインテリアは今一つですが、50年前と考えれば十分です。
戦車兵も1/35の拡大版が3体付属しています。
出来は十分と思うのですが、気になる点が2点程。
砲塔が高すぎるので、1.5ミリ程高さを詰めるとイメージが変わります。
トーションバーが自重でシャコタンになりますのでストッパーを自作して高さを上げます。
この2点でタイガーの迫力あるモデルとなります。
さらに資料を見て細かく手を入れると素晴らしいモデルになります。
昔を懐かしんでそのまま組むか、手を入れるかはお好み次第でしょう。
元が50年前のキットですからどこまで要求するかは自己責任ですね。
一つ気になるのは箱絵に見えるスコップです。
このキットはプラ製ですが、前に作ったのは金属製で柄がプラ製だったと思います。
省エネなんでしょうかね。
懐かしいキットを再販してくれて嬉しいですよ、タミヤさん。
1/21ビッグショットの再販もお願いします。

【 2017/04/22 (Sat) 】 AFV | TB(0) | CM(0)

ノーズアート

ノーズアート

本日は趣向を変えてノーズアートを紹介します。
第一次世界大戦から現用機まで、飛行機のノーズアートは様々な物があります。
有名なのは第二次世界大戦のアメリカ機ですが、数多くの写真が残っています。
ここではお姉さん物の原画を中心に紹介します。
実機の写真は「チョットだけよ~」


ノーズアート2

ノーズアート3

ノーズアート4

ノーズアート11

ノーズアート26

ノーズアート12

ノーズアート13

ノーズアート14

ノーズアート15

ノーズアート16

ノーズアート17

ノーズアート18

ノーズアート19

ノーズアート31



原画をコピーして、デカールを自作してみました。

ノーズアート32

ノーズアート33

ノーズアート34

1/32のエアーレーサー機を自作して、大判デカールを貼るつもりです。
デカール自作の練習ってことで、少し前に作りました。
ノーズアートのお姉さんはどれも魅力的ですね。

えっ、今日は文字が少ないですか?

「美」は「文字」で表す事ができませんからね、見ていただくしかないんです。

「手抜きだ、手抜きだ!」とお叱りの声が・・・。

【 2017/04/21 (Fri) 】 その他 | TB(0) | CM(0)

P-51D ムスタング ノーズアート

パッションワゴン

本日のキットは、ハセガワ1/48 P-51D ノーズアートです。
パッションワゴンはムスタングの中でも過激なノーズアートで有名な機体です。


パッションワゴン2

キットはD型として秀逸なキットです。
ハセガワらしい繊細な凹モールドです。

パッションワゴン3

箱絵は初期型なのでドーサルフィンがないタイプです。
キットは後期型なのでドーサルフィンを切り取る作業が必要です。

パッションワゴン4

デカールは3種類から選択出来ます。
パッションワゴンを迷わずチョイスしましょう。


パッションワゴン5

組説は横開きの1枚物です。
初期型にするドーサルフィンの撤去等、変更点が記されています。

パッションワゴン6

こちらは後期型です。
背中にドーサルフィンが付いていますね。

パッションワゴン7

デカールは3種類から選択出来ます。
こちらも選択するのはお姉さんです。

P-51Dを作るなら派手なノーズアートと前から決めていました。
初期型も後期型もどちらも魅力的なので、両方作ろうと思っています。
しかし、どうせならタミヤの1/32で作ろうとデカールを購入。
幸いタミヤのムスタングは、ドーサルフィンの有無は選択出来る様になっています。

パッションワゴン8


パッションワゴン10

デカールを見ると、初期型で2種類、後期型で3種類選択できそうです。
撃墜マークやお姉さんのシャドー等の違いが見られます。
厳密に言うと、下段の後期型はお姉さんと部隊マークは共通で、撃墜マークやシリアルナンバーが違っています。
だから2機分しかデカールはないので、合計4機分のデカールがあると言う事になります。
どれも魅力があるので迷うところですね。
とりあえず前期型1機と後期型1機を作る予定ですが、タミヤの1/32は在庫が3個あります。
造形村のキットもあるし、全部作ろうかなあなどという野望が沸いております。


【 2017/04/20 (Thu) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)

EE ライトニング F-1/F-1A/F-2/F-3

ライトニング

本日のキットは、エアフィックス1/48 EE ライトニング F-1/F-1A/F-2/F-3です。
イングリッシュ・エレクトリック社が開発した戦闘機で、後にBACに統合されたためBACライトニングとも呼ばれます。


ライトニング3

キットは繊細な凹モールドで、外形も綺麗です。
これは本当に素性の良い好キットだと思います。

ライトニング4

一応裏面からも見ておきましょう。
小物パーツも良い出来ですね。


ライトニング5

デカールは6種類から選択出来ます。
デカールの質はあまり良くなく、ニス部分に黄ばみがあります。

ライトニング6

このキットは4タイプの機体を選択して作るため、タイプ別の細かな部品の選択が必要です。
組説を良く見て、自分の好きなタイプを選びましょう。(箱絵はF-1Aです)


この飛行機は、2基のエンジンを縦に並べて配置するという例がないエンジン配置を採用しています。
これは通常の並列配置より胴体を細くでき、空気抵抗を減らせるためです。
また片方のエンジンが停止してもトリムに変化がないというメリットもありました。
しかし、エンジンの点検整備や交換作業が煩雑になり、胴体内に燃料タンクを設けるスペースがなくなるという欠点がありました。
燃料タンクは機体下部から飛び出す形で設置されています。(胴体下面のポッコリしたお腹部分)
また、高温になりやすく、オイル漏れが発生すると火災に直結する問題点がありました。
実際、イギリス軍が喪失した80機の内、約22機が空中火災によるものでした。
主翼はデルタ翼の空力的に意義が薄いとされる内縁部をカットしたような形状です。
降着時にデルタ翼のような大仰角を強いないが、翼内燃料タンクスペースは減じられています。
また、主翼下面には主脚が格納されるため大型のハードポイントが設置できず、増槽等の装備が搭載できません。
そこでどうしたかと言うと・・・



ライトニング2



増槽を主翼上面に装備しました!
緊急時には尾翼に衝突しないように角度をつけて切り離すことができたそうです。
苦肉の策がとられるなど幾度かの改良を経ても航続力が短くて兵器搭載量に乏しいという欠点が付きまとっています。
1960年の実戦配備から20年以上防空を担当したライトニングですが、それ以降はこのエンジン配置の戦闘機はありません。

エア社のキットは組み易く、外形も良好で人気があるキットです。
マーキングも豊富で派手な塗装も人気の一つです。
完成機を展示会等で何機も見ましたが、見栄えのする飛行機です。
コクピットが少し寂しいので手を入れるか、レジンパーツに交換すると更によくなります。
デカールは別売で豊富に発売されているのでマーキングに迷うところです。
好きなマーキングで2~3機作って並べて見たいですね。
【 2017/04/19 (Wed) 】 飛行機 | TB(0) | CM(0)

ハセガワさんは凄かった カーチス SOC-3 シーガル

シーガル

本日のキットは、ハセガワ1/72 カーチスSOC-3 シーガルです。
アメリカ海軍の水上偵察・観測機です。


シーガル3

このキットは、陸上型のキットに新規のフロート類が追加されています。
そのため車輪等、陸上機のパーツがそのまま付いています。

シーガル4

胴体や主翼等、形状も良くシーガルの特長を捉えた好キットです。
デカールは2種類から選択出来ます。

シーガル5

コクピットは座席とパイロットのみで操縦桿もありません。
一応計器盤のデカールは付いていますが「何だかな~」の出来です。(あまり良くみえませんが)

シーガル2

こちらは陸上型で、両方完成させて並べてみたいですね。
ブロ友の(しおちゃんさん)が作られていますので、ブログをご覧ください。


シーガルは、1933年から1945年にかけて使用されたアメリカ海軍の水上偵察・観測機です。
偵察と弾着の観測を兼ねることが決定して名称はSOCとなり、SOC-1からSOC-4までの各種派生型が開発されました。
1941年に愛称の使用を始めた際に、その上品な姿からカモメを意味するシーガルと名付けられました。
当初は陸上基地で運用する際に備えて中央のフロートに車輪を備えていました。
後に陸上で運用する際にはフロートを外して脚を取り付けた完全な陸上機とする設計に変更されています。
これはアメリカ海軍が発注した艦載水上機に共通した特徴で、以後開発された機体にも共通する特徴です。
シーガルは、後継機種と交代するため1938年に生産終了の予定でした。
1941年までに、戦艦の搭載機はキングフィッシャーに、巡洋艦の搭載機はSO3C シーミュゥに移行する予定でした。
しかし、SO3Cが失敗作に終わったため、シーガルは終戦まで使用されました。

キットは70年代初期頃発売されたベテランキットで、今はカタログ落ちしているようです。
当時のハサガワさんは貴重な機種を精力的に発売していました。
今では大手のメーカーには選定し辛い渋い機種ですね。
私もその昔に作った事があってそれなりに楽しんだ記憶があります。
しかしその後は1/72にはあまり興味がなくなり、1/32キットの魅力に1/72キットを軽視する傾向にありました。
特にハセガワさんのキットは一通り作ったし、いつでも簡単に手に入る事もあって関心が薄れていました。
そんな私の気持ちが大きく動く出来事が先日の例会時に起きました。




シーガル6

クラブのお仲間が作られたシーガル、久しぶりのご対面です。
これが上手くて「ハセガワさんのシーガルってこんなに良かったっけ?」と思わず呟いてました。
作る方が上手いとキットの良さを引き出すものだと改めて思いましたね。
思えば長年プラモを作って来ましたが、腕は上がらずごまかすのが上手くなっただけ。
部品を紛失したり折ったりしても、慌てず自作やチョン着けでリカバリー。
若い時の集中力はなく、見えるとこだけチョチョイのチョイでお手抜き作業。
上手な人は何作っても上手いですよね。
車でも艦船でも一芸に秀でた方は飛行機を作っても上手いです。
これを機会にハセガワさんの往年の1/72キットにも光を当てて、紹介しようかなと思っています。
題して「ハセガワさんは凄かった」シリーズで行きましょうかね。(副題 私の腕がなかっただけ)






シーガル7

同じ方の見事な作品をもうひとつ。
あのキットがこうなるんだから凄いですよ。
写真じゃ凄さがよく伝わらないけど雰囲気は分かると思います。
映画「アマデウス」のサリエリの気持ちが良く分かるな~。

【 2017/04/18 (Tue) 】 飛行機 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

じゃごろ

Author:じゃごろ
お手抜きモデラーのじゃごろです。
スケール物中心にupします。
宜しくお願いします。

最新トラックバック
ブロとも一覧
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ランキング
もしお役に立ちましたら、                           ポチッとお願いします。